女磨きの40代、まだまだキレイの登り坂!


★DSC03322_edited-1.jpgDSC00051_edited-2.jpg

温泉は皮膚の酸化を防ぎシミ、シワを抑える抹消血管の血流速度を高めることで知られています。代謝の低下や女性ホルモンの減少等により、女性の免疫機能は40代半ばを過ぎたあたりから徐々に落ちてきます。肌について言えば、老化を抑制する酵素の力のピークは25歳くらい。これをきちんと理解したうえで、温泉をアンチエイジングや生活習慣病の予防のために、賢く長期的に利用したいものです。

そもそも老化のしくみとは何でしょう?
老化とは酸化、つまり体が錆びてしまうこと。その原因とされているのが「活性酸素」です。活性酸素は細胞膜に穴を開け、細胞をぼろぼろにしてしまいます。分かりやすい例えで言うと、天ぷらの油が空気に触れることで、だんだん茶色くドロドロになってしまうのと同じ。
もちろん体内にある活性酸素は、病原菌を殺す重要な役目も果たしています。とはいえ、それが過剰だと自らを攻撃し始めてしまうというわけです。

身近な生活の中での活性酸素の代表はご存知、紫外線。紫外線を浴びすぎると、皮膚にある酸素と結びついて「重項酸素」という強い活性酸素ができてしまいます。これがシワになったり、皮膚を守るメラニン色素の暴走を招いてシミをつくったり、ひどくなると皮膚がんになったりします。

13E590BEE5A6BBE5B18BE5B1B1E7BFA0s.jpg43E99CB2E5A4A9E5A4A9E6B893E381AEE6B9AFE5A495E29885DSC01447s.jpgDSC00079_edited-1.jpg

生物は膨大な数の細胞の集まり。
歳をとるということは、活性酸素によって細胞が酸化されて死んでしまうことに他なりません。裏を返せば、老化を遅らせるにはいかにこの活性酸素を防ぐか、もしくはからだの中に入ってしまったものを消去することができるか、この2つにかかってきます。

この点において、高湯温泉は科学的な根拠に基づくまさに目を見張る抗酸化を有し、そしてそれが時間が経っても酸化されにくいという実に優れた特徴を持っています。さらには、皮膚を通して吸収された後も体内にしばらく留まり酸化してしまった細胞を修復する強い力、いわゆる還元力が実証されています。

まさに美肌の妙薬!浸るサプリメントと言えるでしょう。